ボックスとは

まず知識として。
パラリンピックボッチャには「スローイングボックス」なるものがあります。

スローイングボックスとは投球場所のことです。そのままですね。

選手は必ずスローイングボックス内で投げるのがルール。

パラリンピックルールではボックスは6個あります。

団体戦では下の画像のように並びます。

最もポピュラーな形ではないでしょうか。
多くの場合6ボックスでやっているはず。

6ボックスにも、もちろん魅力はあります。
戦略が複雑になってタクティカルなボッチャが楽しめます。

反面、固定なので人数的な融通はちょっと難しい。
例えば4対5といった場合や「ごめん!帰るわ」と一人でも抜けたらゲームが成立しなくなります。

2ボックスコート

レクリエーションでやる場合は色んなことが起こります。
途中で帰ったり、遅刻してきたり・・。子どもがいると試合中に泣いたりもします。

6ボックスはレク向きとは言い難いのです。

かくして生まれたのが2ボックスコートです。

一般的にレクコートといえばこの2ボックスです。

便利ではあるのですが、ある重大な欠陥があります。

ボックスコートの欠陥

選手が並ぶと下のようになります↓

真ん中のラインを境目に赤と青が二手に分かれます。

欠陥というのはですね。

この形には必勝法があるんです。

必勝法は「ライン端ギリギリにジャック(白球)を置くこと」

ライン端にジャックを置くの簡単過ぎるんです↓

コート端まで寄って投げればそれで成功。ジャックに寄せるのも比較的簡単です。

そして青の立場で考えてください。

ラインギリギリに置かれると、投げる力が強ければコート外になり無効球になります↓

弱い球を投げるのもデンジャラスです。
弱いと自らのボールでコースを塞ぐことになりますから。

コースを塞ぐことが分かったら、強く投げる意識が生まれコート外が多発。

結果、赤は大量得点のチャンスを迎えます。

青は意気消沈。
この試合が2エンド勝負ならもう赤の勝利はほぼ間違いないです。

2ボックスで行われる初心者ボッチャでは、全国各地でこのような光景が見られるはず。

参考までに小学校高学年くらいであれば、この必勝法に気付きます。

・・・この文章を書いている私自身も長く2ボックスでやっていました。
偉そうなことは言えないのですが。

2ボックスでやると端攻めが起きた時点で、その試合はつまらない展開になります。

された側はやり返すか、チートなのは分かっているので敢えて真ん中を狙うか。
どちらにせよ盛り上がりに欠ける展開です。

ボックスは一つでいい

「ではどうすればいいの?」と言いますと、ボックス一つが最高にオススメです。


多人数に対応でき、先攻・後攻の有利不利もなく、準備時間もコストも低い。

詳しくはこちらもご覧ください。