ボックスとは選手が中に入ってボールを投げる場所のことを言います。

6ボックスだとこうなります↓

一般的なレクコートといえば2ボックス↓

レクリエーションでやる場合は、6も2もオススメはいたしません。
ボックスは一つが最高です↓

ポイントはここ!

この記事を読んでいるのが練習や大会を仕切る立場の方であれば。
とてもとても大事なことを言います。

初心者にとって。


「面白い!」と感じるのはシーソーゲームです。

ここで言うシーソーゲームは赤と青の逆転が続く試合展開のこと。

画像で説明しますね。ご覧ください。

赤が近いです↓

青が逆転しました↓

赤が逆転しました↓

青の逆転です↓

こういった風に赤、青、赤、青と頻繁に攻守交代が起こるのがシーソーゲーム。

シーソーが起こると試合は大盛り上がりになります。


成功した人はヒーローであり、仲間から賞賛を受けます。
これが最高に嬉しいのです。


運営する側も盛り上がる様子を見ることは「やってよかったな」と思える瞬間のハズ。


野球で言えばある程度ヒットが出て、点数の入る試合が面白いと思いませんか。

ボッチャはシーソーゲームを起こすのが、参加者を盛り上げるコツです。

高難度な6ボックス

6ボックスはシーソーが起きにくくなります。

下の画像をご覧ください。

ジャック前にピタ付けで置かれると、逆転するにはミラクルショットが要求されます。
3、4球使って攻守交代になればまたいい方です。

ほとんどの場合、特に初心者であれば逆転が起こらないままエンドが終了します。試合としてつまらない展開です。

1ボックスはこうなる

1ボックスだとこうなります↓

青は横移動すれば白のジャックが狙えます。簡単ですね。

真っ直ぐ投げれば逆転です↓

青はジャックにピタ付けですが大丈夫。
赤も横移動すればジャックが見えます↓

真っ直ぐ投げて逆転ですね↓

ジャック前に壁が出てきました。
ですが青もまだまだ逆転の芽があります↓

実際にやってみてください。
1ボックスだと「もうダメだ・・」になるのが4球目か5球目くらい。

分かりにくいですかね。

想像してみてください。

1ボックスの序盤はシンプルな攻防です。
攻守交代が続き特に何も考えなくてもいい。

4球目あたりになるとジャック周辺にはボールが集まってきています。

ここから作戦やテクニックの世界に入ります。

この流れが非常に面白いんです。

この文章を書いている私の話で恐縮ですが。
私は今まで裏方でしたが「選手やりたいな」と思うようになりました。

論より証拠で実際にやってみてください。
かなり面白いですよ。

絶対1ボックスでやるべき人

パラリンピックのボッチャは将棋やチェスに似た戦略性があります。
つまりパラリンピックルールは戦略を理解する者が勝つ大人向き競技です。

実際どうでしょうか。
ある程度年齢を重ねた人の方が勝っていませんか?

1ボックスは子どもや知的障がいある人、初心者が混ざってやる場合に強くオススメです。

1ボックスは真っ直ぐ投げる事が出来れば勝てます。

ボッチャって練習機会の確保が難しいですから。
戦略の理解までほとんどの人が到達できません。

であるなら、真っ直ぐ投げる技術を競い合うスポーツにするのがマストです。

多世代交流やユニバーサルでやるなら1ボックスですよ。