みんな経験あるハズ

ある程度ボッチャを進めていくと「初心者泣かせの壁」に当たります。

ジャック前に赤or青がピタ付けの状態です。
初心者が越えるのはまず不可能であり「初心者泣かせの壁」と名付けています。


最もやってはいけない&やってしまいがちなのは赤を弾くこと。
下の画像をご覧ください。

強いショットで赤をどかして逆転しようとする試み。

よーく覚えておいてください。
強いショットを打つことはギャンブルなんです。

理由は外すとコート外で出てしまい無効球となるから。
そして無効球が多いほど、大量失点に繋がります。

赤からすれば余裕の展開ですね。

ボッチャは難しい

誤解されがちですがボッチャとは難しいスポーツです。
誰でも参加出来るスポーツですが難易度はかなり高い。

ボッチャを将棋やチェスに例える人いますがその通り。
打つ手を間違えると大量失点を招く戦略のスポーツです

次に対処法を説明しますね。

対処方法

対処法はジャック周りにボールを集めることです

しつこいですが強いショットはギャンブルですから。
通常のショットでジャック周りに塊を作ってください。

塊を作りながら3球か4球目あたりで近寄せられたら成功です。
この方法だと大量失点も防げます。

ただですね。
この方法は知っても簡単にはできないと思います。

実際にやってみると分かります。
コートにボールをバラ巻いて壁を作って終わりの展開になります。

ボッチャは玄人好み

初心者泣かせの壁を越えると、戦略の世界に入っていきます。
楽しいのですが、壁を乗り越えるにはパラリンピックを目指すような高い意識でないと難しいと思います。

条件的には性能の良いボールを揃えてください。
あと個人練習をすることです。

ボッチャは有名になった割には、一般には広まっていない気がします。

理由は多々ありますが、競技難易度が高すぎるのです。
玄人がやるスポーツではないかと。


競技難易度を下げる方法はこちらをご覧ください↓